車からスタジオまで台を運ぶのに人海戦術でも良いけど、台車があれば数人で楽に運べるので絶対必要。

しかし車に台車を載せるスペースがあればステップ台を載せたいし、台車を買う金を出すのも勿体ないので、

タイヤと木材を買ってブロックに取付てコンパクトで安価な台車を作成しました。

それがこちら

『なんとも頼りなく雑なつくり』

木の板にタイヤをつけるときに丁度良い大きさのねじとワッシャーがなく、2センチ角ほどに伐った木をワッシャーとして代用。

DIYは丁寧にやるよりも、とっとと完成させたい性格なので仕上がりはいつも雑。

東急スポーツオアシスで販売しているステップ台は1台につきブロックが4つ付属しています。

新品20台買ったのでブロックが80個!

そのうち60個以上捨てました。廃棄代が4,000円もした。

今時ブロックを入れて台を高くする人いませんから。10個もあれば十分。

いちおうオアシスにはブロックやDVDは要らないので安くしてくれと交渉してみましたがあっさり断られましたね。想定通りの答え。

この台車を二つ一組にしてステップ台を載せるとこんな感じに。

『バランスが悪いようで意外としっかりしてる(個人の感想です)』

思ったより安定してる(感想には個人差があります)。くるくる回るタイヤと固定されているタイヤが混ざっているので前か後かくるくる回るタイヤにしないと方向転換ができません。

ステップ台を裏表逆に積み重ねて10台載せるとこんな感じに。

10台目は裏になるのでそこへブロックもさかさまにして載せるといい感じに安定します。

台を積み重ねただけでは滑り落ちてしまうのでバンドでしっかり固定します。

バンドを真ん中に一本きつく縛ることでステップ台がしなり2本両端に縛るよりも滑りにくくなります。

このバンドはベルトを通すだけで簡単に固定ができ締め付けやすい。

『Akuoly 荷締めベルト 5M×4巻セット 荷締機 地震対策グッズ 荷締めバンド 締付固定 多用途 幅25mm 固定バンド ブル—と黒』

港区スポーツセンターの地下駐車場からスタジオまで段差はほぼ無く、エレベータも3機ありバリアフリーなのでこの台車があれば女性でもスイスイ運べます。(これも個人差があります)

ステップ台28台とブロック3台分と台車3台分が入るスペーシアは名前の通り積載容量が大きい車ですね。

軽自動車では最強だと思う。ステップ台を載せるために車を買ったというのは都市伝説です。

頑張ればステップ台もう2台は入りそうな気がします。

天井にキャリアをつければもう数台は載せられるかな。

ちなみにこの車はステップ台だけを運んでいるのではないありません。

夢を運んでいます(笑)



記事の更新通知はエアロの杜byアメブロから