『第2回Fitness4チャンネル リード動画コンテスト☆』始まる

フィットネス4によるリード動画コンテスト第2回目が始まりました。今回のエントリーは8名。昨年の13名から5名も減ってしまったことは残念ですが、ライバルが少なく考え方によっては優勝の確率があがったということ。これは願ってないチャンスかも?!

このリード動画コンテストのエントリー資格はほぼ不問。フィットネスならジャンルは問わず。ターゲットも問わずとにかく15分以内のリード動画を撮って送るだけでエントリーできるという自由度の高いコンテスト。

優勝者には賞金7万円と、なんといっても2019年12月Fitness4主催のイベントにゲストプレゼンター出演できる夢のような権利が獲得できるとのこと。

判定基準は『youtubeのFitness4チャンネルに 動画をアップして 対象期間1ヶ月間の再生回数と再生時間ポイントを競い合います。 (再生時間ポイント=総再生分数×0.1) 』とのことで対象期間は2019年6月1日~2019年7月15日となっています。

エントリーNo1 鈴木雄三インストラクター (格闘技系)

『東京・埼玉で活動しているフィットネスインストラクターの鈴木雄三(すずきゆうぞう)IR。32カウントシンメトリーのオリジナルコリオです。』という紹介から始まります。エアロの杜調べではジェクサーの新宿、浦和、ゴールドジム大宮でファイティングカーディオ、武道家ストレッチのレッスンをお持ちのようですね。レッスン参照⇒鈴木雄三IR

エントリーNo2 浜崎香帆インストラクター(エアロ)

『静岡の浜崎香帆(まざきかほ)です。エアロビクスやりますよろしくお願いします。』というゆるい感じの紹介から始まりますが・・・・。ルネサンス静岡でズンバやバレトンのレッスンをお持ちのようです。レッスン参照⇒浜崎香帆IR

エントリーNo3 空夢さん(エアロビクス)

『そらゆめです。2回目の挑戦です。よろしくお願いします。』と体を弾ませながら舞台袖から登場してきます。エアロビクスが大好きな有名な素人さんですね。

エントリーNo4 村上栞インストラクター (エアロ)

『広島県・・・○×△楽しんでください・・※』と出だしの紹介が音楽に消され聞きとれませんでした。ルネサンス福山でGroupFight、ズンバ、エアロのレッスンをお持ちのようです。レッスン参照⇒村上栞IR

エントリーNo.5 那須彩也香インストラクター (エアロ)

『こんにちはインストラクタのなすです・・・』と紹介。声が響いて聞き取れませんでしたが、京都のふしみっとでエアロビクスのレッスンをお持ちのようです。

エントリーNo.6岸田敦都インストラクター

『こんにちは~関西でインストラクターをしております”きしだ○×”です。から始まる。インストラクターは2年目というルーキー。ゴールドジム京都や栗東でエアロ、ステップのレッスンをお持ちのようです。レッスン情報はこちら⇒岸田敦都IR

エントリーNO.7 濱崎翔太インストラクター (エアロビクス)

『大阪府で活動しています”はまざきしょうた”です。32カウントのシンメトリーと16カウントのシンメトリーを作成させていただきます』からのスタート。ルネサンスアルザ泉大津でエアロのレッスンをお持ちのようです。レッスン情報⇒濱崎翔太IR

エントリーNO.8 田澤修平インストラクター (エアロ)

ユーチューバーインストラクターといえばこの方。チャチャ田澤IR。『前回と同様に恋する乙女もマッチョな男性も比較的参加しやすい・・・』 と冒頭の説明。8名の中で説明にとる時間が一番長い(笑)。ユーチューブ慣れしていますね。ダンロップ川口でファンカーディオのレッスンをお持ちです。レッスン情報はこちら⇒田澤修平IR


冒頭だけ見た私の感想他

エントリーは以上8名のようです。それぞれレッスンを冒頭だけ拝見させていただきました。

種目の中に昨年見られなかった格闘技が1名。また、素人も昨年につづいて1名いますね。ネームバリューやブログで宣伝活動している人がまずは再生回数は多くなると思いますが、そこから再生時間を増やすにはなんといってもリードのクオリティが大事。最後まで見たくなるようなうっとりするフォーム、惹きつけられるようなリードが再生回数が増やすことになるでしょうね。

個人の感想ですが、動画を撮り慣れていない方が多く、声の音量、カメラポジションが悪いな~という方が多く見られます。特に冒頭の自己紹介、内容の説明がすごく聞き取りにくいですね。スマホのマイクで直接音声を録音しているせいか声が小さく、BGMにかき消されてしまっています。

『動画再生時間を増やすコツは冒頭の15秒にアピールポイントを持ってきて、視聴者に最後まで見たいと思わせること』がユーチューバーの常識のようです。冒頭でしっかりアピールできないと中盤、終盤の見せ所まで再生せずに終わっているかもしれません。

声をしっかり拾うにはハンズフリーマイクがほしいところです。レンタルスタジオではワイヤレスマイクが備えていないことが多く探したことがありました。

そして見つけたのが『サンワダイレクト ワイヤレス ハンズフリー拡声器 小型 10W 充電式 ワイヤレスマイク 最大通信距離20m 400-SP048』というもの。

10数名程度入る小さなスタジオ。たとえば新宿マイスタジオなどはこの拡声器で十分使用できました。ご参考までに。

created by Rinker
サンワダイレクト ワイヤレス ハンズフリー拡声器 小型 10W 充電式 ワイヤレスマイク 最大通信距離20m 400-SP048

コンテストについて詳細は『fitness4のblog』でご確認ください。

スポンサードリンク