エアロ、ステップもミッドフット走法で膝の負担軽減なるか。

ミッドフット走法とエアロビクス

ミッドフット走法

ドラマ陸王を見た人ならわかると思いますがミッドフット走法とは足の裏全体で着地する走り方。
この走法の利点といえば

①足の裏全体で着地をするので、脚の負担を軽減することができ、膝の怪我予防をすることもできる。

②体幹が安定する。

③ランニング中の上下動が少なくなるので、エネルギーロスを少なくすることができる。

などがあげられます。

もしかしてこの走法はステップやエアロでも上記のような良い効果が得られるのでは無いかと思いました。エアロやステップを続けるにおいて膝や足底筋の故障を経験した方は多いのではないでしょうか。特にステップでは膝の負担大きいので敢えてステップはやらないという方もいるかと思います。

そして、ミッドフット走法に適したシューズがあるのか気になり調べたところ、やっぱりありました。そして驚くことにミッドフット走法ランナーが愛用しているシューズを私も愛用していたのです。もちろんそれを履いてエアロやステップに出ています。


ミッドフット着地に適したシューズをピックアップ

  • [ミズノ] ウエーブシャドウ WAVE SHADOW
    [ミズノ] ウエーブシャドウ WAVE SHADOWの特徴は「8mmの低ドロップ、足裏すべてで接地する中足部接地を促すソール設計、そして柔らかいクッション。脚を守りながら、適度に負荷をかけることで、高いトレーニング効果を発揮。」とトレーニングシューズのようですがカスタマーレビューからみても実用性もあるようです。

カスタマーレビュー
『クッション性もありながら、とても軽量で大変気に入っています。』
『じっくりと履いて体幹からのバランスを整えるのに助けとなる靴と感じました。』


  • [ニューバランス] Fresh Foam Zante
    Fresh Foam Zanteの特徴:DATA TO DESIGN によりスピード走行に対応する快適な軽量性とクッション性を最適化。単一素材のミッドソールでスムーズな走行を実現。

カスタマーレビュー
『関節がとにかく痛くて長く走れなかったのですが、このシューズを買ってから関節の痛みが大きく軽減されて、快適に長く走る事ができるようになりました。』
『履いていて、足の裏に吸いついているような感覚で、走っていて楽しいです。』


  • [オン] On クラウド
    Onクラウドの特徴:新しいV字型の踵は、足に合うようにマテリアルデザインと形状の最先端技術を採用。ぴったりとフィットしながら、足を自由に動かすことができます。

カスタマーレビュー
『足に優しい様にも感じます。帰宅してから今まで履いていたシューズに履き替えたら、とても足が重くて走り難かったです。疲れた後の事でも有りますが、クラウドは軽快に足を運んでくれるのは確かです。』
『歩く時の反発も良く疲れにくいシューズです。』


ミッドフット走法はシューズを変えればよいというものではない

これらのシューズの特徴はドロップ差(前足部とかかとにおけるソールの高低差)が小さいのが特徴です。そのためミッドフット着地に適したシューズです。適したシューズであって、このシューズを履けばミッドフット走法になるわけではなく、ミッドフット着地の正しいフォームの習得ができてこそ膝への負担軽減などの効果が得られるというわけです。

怪我無く、そして疲れ知らずでステップやエアロができれば末永く続けられますね。

1 Star (あなたが最初)
Loading...



スポンサーリンク