ゴールドジムスタジオ整理券オンライン予約でトラブルになる前に

2019年6月より元のWEB予約の仕組みに戻る。

5月に掲示された「3回キャンセルについて」の掲示は剥がされ、その掲示についてのお詫びおよび改善についての掲示がなされました。ざっくりいうと

  1. WEB予約の取り方はもともとの仕組みを踏襲。スタッフによる説明。
  2. 当日満員のため参加できなかった会員には次回の予約を5名までお取りできる。

『キャンセルが多くてレッスンに参加しにくい』というクレームに対する対策のようですが、実際は満ではないのに、予約時間に瞬殺で満になる”ウェブ予約のしにくさ”を改善してほしいのがクレームの本質のような気がします。

こういうクレームが続くと、ティップやコナミのように優先予約が有料になってしまうのでは・・・と。それが自分にとっては一番恐ろしいですね。これを期に余計な予約、キャンセルが無くなればいいと思う。

以下、過去記事


2019年5月より整理券WEBオンライン予約の利用について新たに規則が設けられました。

ゴールドジムの整理券WEBオンライン予約、いわゆるウェブ予約にルールが設けられたと各店舗に掲示されました。

『1か月で3回以上のキャンセルを行うと6か月間ウェブ予約不可』となるペナルティが課せられるようになったというもの。

また、これまでウェブキャンセルはワンクリックでキャンセル完了となっていたものが、今は「本当にキャンセルしますか?」という趣旨の画面が間にワンクッション入った様です。

このルールについて周囲の情報をまとめるとこんな感じです。

  • カウントされる1か月とは”月初1日~月末”とのこと。月変わりでリセットされる。
  • ウェブでキャンセル可能時間(レッスン開始2時間前)内にウェブ上でキャンセルしてもカウントされる。もちろん、店頭のキャンセルもカウントされる。
  • 急な体調不良や仕事都合、電車遅延など、やむを得ない事情によるキャンセルでもカウントされる。
  • 無断欠席は一回で不可に?(情報元未確認)

以上、新ルール、ウェブ整理券を1か月で3回以上キャンセルすると・・・についてでした。ペナルティが課せられてもウェブ予約が不可になるだけで店頭での予約は可能なようです。


以下、過去記事になります。

8月からオンライン予約の導入店舗は東中野東京、行徳千葉、幕張千葉、浦安千葉、津田沼千葉、本八幡千葉、南船橋千葉の7店舗。さきに実施しているウエスト東京、厚木神奈川、戸塚神奈川の3店舗が導入済を合わせて10店舗となります。10月からは全店舗になります。
そこで
ゴールドジムの整理券がオンライン予約になってもっとも注意すべきこと。

レッスン開始15分前までにチェックインしない場合はキャンセル扱いになる。

キャンセルもせず、無断欠席することが度重なると予約ができなくなる。

レッスン中に予約(スマホ操作)は禁止。

今日参加したステップのイントラさんが2度言っていたので間違いないでしょう。

エアロの杜レギュラーレッスン検索ページではオンライン予約可能な整理券レッスンに『整』と記載しました。そしてその”整”の字にGGの予約ページがすぐ開けるようリンクを張りました。。どうぞご活用くださいませ。

その他オンライン予約の注意点はオンライン予約はレッスン開始時間の24時間前から予約スタートです。レッスンによりますが、おおよそ定員の80パーセントがオンライン予約数の上限となります。(例えば定員40名のレッスンであればオンライン予約枠は32名、当日発行が8名となります。

キャンセルもオンラインで可能なので稀に予約いっぱいになった後、空きがでることがあります。

店舗でのチケット受け取りはレッスン開始2時間前からですが、(上記とダブりますが)開始15分前にチケットを受け取らないとキャンセル扱いになるようです。

オンラインで満員のため予約ができなかった人は店舗で2時間前から配布される整理券をゲットしなければならないことになります。

オンラインは本名で予約可能ですが、ニックネームでも可能です。いままで名前をぐちゃぐちゃっと”わざと”読みづらく手書きで書いていましたが、オンライン予約した場合はパソコンでプリントアウトされるのではっきり読み取れます。

本名が知られるのが嫌な方はニックネームの方がよいかと思います。

スポンサードリンク